母親との別れに不安を感じている人の意見交換会、開催しまーす。

”いちばんたいせつなものは、目に見えない”

星の王子様に出てくるキツネが言うセリフですが。あぁ、本当にそうだなぁと、この言葉の重さを、日々いろんな場面で実感しています。

それに加えて、人は、自分が大切だと感じたことについては、皆、その目に見えないものを何とか形にして残したい、と思うものなんだなぁ、とも。

この感動を伝えたい!と思った時や、相手との時間が愛しく思えた時には、思わず写真や動画を残しますし、たった今過ごした心に残る体験を後々まで味わいたいと思った時には、お土産を買いたくなりますもんね。

楽しいことに限らず、周りの人からの苦言や、辛い経験から得た教訓などを語る場合も、その人に響いたものを、それだけ形にして残したいからなんだろうなぁ、と思います。刻もうとしなければ、確かに少しずつ欠片が飛ばされていって、風化していきますもんね。

もうすぐ母の日ですが、母の日にカーネーションやプレゼントを贈るのも、そうですよね。

私は、うつ病闘病中に父親を亡くしたのですが、その別れは本当にあっけなく。長年ずーっと、いつか来るその日までには、もう少し関係を改善して…感謝も伝えて…、なんか後悔しないようにしたいな…くらいに、本当に漠然と考えていました。

それが、父のがんが再発して以降、日々は一変してしまい、悪化の一途を辿る父を前に、殆ど何の思い出話もできませんでした。

原因として、自分がうつ状態だったから、もありますが、逆にもしそうでなければ、実家で療養しておらず、一緒に時間を過ごせなかったでしょうし、介護の一端を担うこともできず、もっと満足度は下がっただろうと思います。

私は、母と心理的に距離が近いので、父との別れを考えると、母との別れには、さらに不安がいっぱいで。

形はないけれど、何か非常に大切なものが日々流れていってしまっている気がして、このままで良いのかなと思い、何かしたいと思うようになりました。

母を失った時の喪失感の大きさを思い、グリーフ・ケアについても学んだりしていますが、グリーフは亡くした後に発生するものなので、私としては、イヤ、その前の準備というか、喪失感の軽減、軽減というよりも、穏やかに受け止める方法を模索したいというか。

さらには、心を豊かに生きる方法を探りたいな、と思っています。死というと、つい問答無用で避けたくなりますが、誰もが行く道で、特別なことではないですもんね。

恐いから、と無理やり見ないようにしている自分がいましたが、自分も自分の最後の日に向かって日々歩いている訳ですし、自分と母との残り時間を、より深く味わいながら過ごせるように、攻めの姿勢で臨みたいなぁ、と思うようになりました。

私と同じように、不安で日々モヤモヤしながら立ちすくんでいる人達がいるんじゃないか?と思い、こういうイベント↓を開くことにしました。気軽に気持ちを話しあえたらなぁ、と思っています。

母親との別れに不安を感じている人の意見交換会

今後の活動としては、例えば、

・母親について知らないことを書き出してみる。それを本人に聞いてみて、その結果を発表しあい、気付きを共有する。

・母親に、これまでの人生についてインタビューしてみる。その結果の発表、感想の共有。

・母親が実は困っていること、知りたい情報を探り、ちょっとしたお手伝いをしてみる。

などなど、人と一緒に行うことで、自分1人では先延ばしにしたり続かないような活動ができないかなぁ、と思っています。

セミナーなどで勉強しても、その日納得して終わりになってしまいがちで、実際に行動に移して自分を変えていくって、すごく難しいことなんですよね。

Peatix上で募集しています。ご興味のある方は、是非お問合せ、お申込みください♪