CATEGORY

オーガナイザーの生態

  • 2020年11月1日

繊細さんが、与えられると安心するもの。非繊細さんとの相互補完関係について。

友人夫婦を見ていて、理想的な相互補完関係について考えさせられたので、そのことについて書いてみようかと。 人のことはよく見えるので笑、上手くいっている関係を観察していると、お互いが必要としあう理由がよく分かります。 私に、パートナーを紹介してくれた友人男性が、結婚するとお相手を紹介してくれて、彼女と出 […]

  • 2020年10月24日

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY 印象的なセリフ集5

映画で英語の勉強も趣味の一つで、最近は、コールドケースにハマっております。 未解決事件を扱うお話なので、事件発生時の時代背景が感じられる面白さや、時間の経過と共に表れてくる、複雑に絡み合う人間模様が面白いのですが、私が一番惹かれる心理戦という観点からは、やはりエレメンタリーには全く敵いません。 前回 […]

  • 2020年10月1日

雇用形態カースト的考え方から、逃れられたと確認できた瞬間の話。

以前、よく行くカフェで常連の男性と話していたら、時々来訪するという若い女性とご一緒することになり、話していたら。 彼女は、大学4年生で就職活動中。有力企業から引手数多と聞いて、へぇ~すごいねと話していたところ。 私と話していた男性が、自身の派遣の仕事について言及した時に、彼女が「えー、私は非正規社員 […]

  • 2020年9月8日

半沢直樹の名台詞から考える。社内での、息苦しい雰囲気や文化が醸成される過程について。

最近行き始めた派遣の仕事で、良い驚きがあったので、書いて残しておこうかと。 HSP気質で必要に迫られたこともあり、転職経験豊富なので笑、偏りはあれど、これまでいろんな職場を見てきました。 今回の職場で素晴らしいな、と思ったのは、挨拶の習慣です。ドアのところで譲り合いになった時、エレベータで同乗する時 […]

  • 2020年8月27日

シェアハウス運営の難しさ。消耗品の負担について。

寮での共同生活でクラスターが発生し、コロナ感染が広まっているみたいですね。 以前、シェアハウスの記事を幾つか投稿しましたが、そのニュースを見て、ふと最初のシェアハウスのことを思い出したもので、久しぶりに記事にしてみようかと。 うつ病からゆっくり抜け出し、徐々にエンジンが温まってきた頃、上京して入居し […]

  • 2020年8月23日

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY 印象的なセリフ集4

久しぶりにエレメンタリーホームズ&ワトソンin NYの感想を。 このコンテンツは非常に内容が濃く、じっくり観ていないと話の深さを掴みきれず終わってしまうため、観るのになかなかのエネルギーを消費します。 映画を1本観たような重さで、充実感もあり素晴らしいんですが。ブルーライトや電磁波からの疲労もあるた […]

  • 2020年7月28日

コンシェルジュ業務を通しての学び。日時調整は、単純作業ではない。尊敬と配慮をもって行うべし。

以前、仕事とプライベートの境界線って実は曖昧なんだなぁと思った、という記事を書きましたが。 今回の出来事も、仕事を通して自分の中で当たり前になったことが関係していて、以前の自分なら、こんなこと意識していなかった、成長したなぁ、と気づいた話です。 それは、今住んでいるマンションへ引越準備を進めている時 […]

  • 2020年7月24日

なぜか嫌われる、軽く扱われる理由はこれか…、と改めて思ったできごと。

以前、人から何故か軽く扱われると感じ、行動を変えたら、大きな変化があった、と書きましたが。 仕事の関係者で、そういう昔の自分と重なる人に出会い、考えさせられたことがあります。当時の自分を客観的に観察し、じっくりと向き合う、初めての機会となりました。 その方は大手の会社所属の30代後半の男性で、私が勤 […]

  • 2020年7月22日

インタビューには、相手とその人生へのリスペクトが重要、と学んだ話。

新しい創作品として、オリジナルのプロフィールブック作成と、大切な人へ気持ちを伝えるメッセージギフト作成をサービスとして提供を始めた、と記事にしましたが、この形を思いついたのは、以前の経験が元になっているんだなぁ、と自分でも改めて驚いています。 自己紹介で面白い一言が出てくる!自分の取説作ります 自己 […]

  • 2020年7月4日

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY 印象的なセリフ集3

今回のエレメンタリーホームズ&ワトソンin NYの印象的なセリフ集は、シーズン1の中の2エピソードから拾ったものなんですが、両エピソードに、過去ホームズが関わってトラブルになった関係者が登場します。 改めてこれらのセリフに関する考察を纏めてみて、自分の過去と対峙する恐さ・苦しさ、さらに、立 […]