カウンセリングや治療の、“手前のサービス”を目指しています。

暫く前からココナラ他でご提供中の、プロフィールブック、“AS REAL ME AS IT GETS”の詳細レビューを、以前記事にさせていただいたのですが。

自己紹介で面白い一言が出てくる!自分の取説作ります 自己紹介の面白いネタ発掘に!持ち歩きもできます♪

何だったら、youtube配信なんかも出ますよ、なんていう、この上なくありがたいオファーをいただきましたので、気が変わらないうちに早速、と録らせていただきました。

これまでプロフィールブックを作らせていただいた方には、こちらの記事に載せたような感想をいただいていたのですが、今回の“サービスを受けてみた感想の一問一答インタビュー”というのは、初めてで。実際に行ってみたら本当に実りが多く、驚きでした。

特に印象的だったのは、“サービスを受ける前に不安だったこと”でした。質問責めに遭ったらどうしよう?という心配があった、と聞いて、そうかぁ、そんな不安があるんですね…、とビックリしました。聞いてみないと分からないもんだなぁ、と思いました。

自分も、人に話を聞いてもらった時に、急かされる空気を感じ取ることがよくあって。相手の関心が薄いならと、どんどん端折って話すようになり。

結局話したかったことの半分位になってしまい、話自体も中途半端で、まとまりも悪く終わり。不完全燃焼感プラス、聞いてもらえない失望感を味わって、もう話すのは止めよう、と思うようになったこと、何度もあるなぁ、と思い返しました。

今回のインタビューでもう一つハッとしたのは、「自分の人生を、誰かと一緒に見てみましょう。これまで、一体何があったの?」と、こうやって時間を取って聞いてくれることに、大きな価値を感じた、と語ってもらえたことです。

人生では、途中でいろんな人に出会い、自分のそれまでの経験や考え方など、いろいろなものを伝え、情報交換するものですが、自分の人生を振り返り、それらをまとめてじっくり共有することって、あまりないことで。

また、インタビューという形式で、その経験を得られることが、新しいのかな、とも改めて気づきました。

そう言えば、以前外国人のクライアントさんにも、自分の人生語りを、こんなに自己中心的に、聞いてもらえることってない。普段は、会話の途中で相手の茶々が入るのが普通。

ここまでじっくり向き合ってもらうことってないし、これまでの人生で、一番の失敗は?とか、考えたことがなかった。自分について振り返るきっかけになって、すごく面白かった。

最初話を聞いた時から面白いだろうと思っていたけれど、やってみたらもっと面白かった、と言ってくれました。

でも欧米の方が、カウンセリングなどももっと普及していて当たり前だと思うし、社交的で心を開くことが上手い気がするけど?と聞いたところ。

確かに。でも、そういうところで話すのって、トラウマとか苦しいことについてでしょう?自分についてこんなふうに話すというのは、今まで経験したことがないから、とても斬新だと思う。一種のセラピーだと思う、とまで褒めていただきました。

精神的に参ってから利用するカウンセリングでなく、一歩手前の存在になりたい、と思い活動しているので、セラピーという言葉を聞いた時には、自分の方向は間違っていないと、とても励まされました。

この世の最後の一瞬まで、一緒にいられるのは自分だけ。その自分を、忙しさから大切にできていない、って多いんじゃないでしょうか。

見ず知らずの第三者だからこそ、不思議なほど、語れることがあります。自分の人生を振り返り、大切に抱きしめることで前に進めるよう、お手伝いできたらなぁ、と思っています。